万能アロマ、ラベンダーでニキビ、吹き出物を早くケアした体験

2019年11月11日

お菓子とか甘いものは、特に生理前は食欲も手伝って食べすぎてしまう…。
気づいたらまた口の周りにニキビが発生!1つ出てきたと思ってたら、2個、3個と大きいのができてきてしまった!
アロマがいくつか入ってる箱からラベンダーを取り出して、数滴手の平に垂らしてまずはニキビができている場所に広めに塗って優しく擦り込む。
もちろんまだまだ変化は現れないけど、こまめに塗るのが大事。
日中はお化粧してるから、ラベンダーアロマを塗る場所だけメイクオフして。
だいたい1日で4〜5回はニキビに塗る。
そうすると、段々お肌の表面が固くなってきて、少しずつ皮がめくれる部分がでてくる。
そんな状態になってきたら、今度はラベンダーを塗る範囲をニキビのみにして2日目も引き続き塗る。
2日目は、初日より回数を減らして、3回程度。
もし塗った時に激しい痛みを感じる事があったら、塗るのはお休み。
お肌が刺激に敏感になっているサインだから。
ワセリンを薄く塗って様子を見るのがベスト。
洗顔後、ニキビの部分以外は普段通りに保湿して、ニキビの所は化粧水とワセリンでお肌を保護。
それを数日続けると新しい表皮が作られて、そのまま正常なお肌になっていくパターンもある。
3日目は、更に塗る回数を減らして保湿に力を入れる。
ラベンダーアロマが持つ、「細胞更新特性」っていう働きがお肌のターンオーバーを強力に促して、お肌が一時的に乾燥するから。
一時的に、見た目も悪くはなっちゃうから、外に出る時はマスクで隠しちゃう。
ラベンダーを塗るのは、1日に1、2回。もちろんニキビにピンポイントで。
普段のスキンケア時、ワセリンやワックス系保湿剤(みつろうやホホバ油)での保湿を最後に足してあげると乾燥が落ち着きやすい。
他のオイル類や乳液の重ね塗りなどは、ニキビ菌のエサになっちゃう可能性もあるから、避けた方がベター。
だいたいこの頃には、ニキビに侵された部分が皮膚表面に持ち上げられてきて、軽く触れた時にコロンと取れる事もしばしば。
私はいつもこの方法で早くニキビケアしてるけど、アロマは薬じゃないから、もちろん自己責任で。