ストレスを早めに解消するようにしたら、肌トラブルが減ってきた

私は昨年の秋、顔の肌荒れが酷くなり、皮膚科を受診しました。
具体的な原因は分からないと言われ、一般的な治療薬と飲み薬が処方されました。

結局、この薬を使用して、肌荒れは治っていったのですが、後で考えてみたら、この時はかなりストレスが溜まっていたように感じます。
当時の私はやらなければいけないことが多く、さらに睡眠不足も重なっていたので、肌荒れが酷くなったようです。

直接的な原因は日焼けだったように思いますが、肌が健康であれば、そこまで酷い症状にはならなかったと思いました。
そこで、それ以降は早めにストレスを解消するようにしました。

特に家事や家の用事に関しては、自分一人で抱え込まない、自分で全てやりきろうとしないことにしました。
自分のキャパを超えてしまうと、いろいろなことが上手くいかなくなるようです。

私の場合、それがすぐに肌荒れとなって出てしまうようです。
季節による肌荒れは冬から春にかけて多いです。

しかし、昨年秋の経験を踏まえて、かなり肌ケアを行ってきたこともあり、今年の冬と春は例年に比べて、肌荒れにほとんど悩まずに済みました。
5月は乾燥注意報が出るほど、かなり空気が乾燥していました。

この時に乾燥で喉の調子が悪くなりましたが、乾燥肌になることはありませんでした。
例年ならば、真っ先に乾燥肌になってしまうところですが、今年はその症状がありませんでした。

それは、やはりさまざまな肌ケアの効果が出ているのだと思い、本当にうれしく思いました。
ストレス解消法は意外なことが多いのですが、結局、自分の好きなことをやるのが一番良いようです。

これからも肌トラブルだけではなく、美肌になれるように、メンタル面のケアもきちんとやっていこうと思います。
また、美肌や美白に効果があると言われているビタミンCを多く含む食品を意識して摂っていくことで、ストレス解消にも役立ちそうです。