大量の顎ニキビに悩んで 青汁などの野菜を食べて効果があった体験談

2019年11月11日

私は、37歳の頃、顎から首にかけてのフェイスラインに、大量の顎ニキビができて、悩んでいました。
私の顎ニキビは、ある日突然、大量に出来て、何日か後には、だんだん、薄くなり、また、その何日か後には、突然大量に出来るというのを周期的に、繰り返していました。
これは、どういうことなんだろう。なぜ、顎ニキビができてしまうのか。私は、人知れず、悩んでいました。
その頃は、私は、仕事をしており、トイレで、お昼休みに化粧を直す時が、とても恥ずかしかったです。
私は、何か対策をしたいと思って、職場にいらっしゃった保健師さんに相談しました。
保健師さんによると、顎ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れとのことでした。
具体的な対策としては、夜しっかり睡眠をとること、リラックスする時間を持つこと、 腸内環境を整えることの3つのアドバイスをいただきました。
そのアドバイスに、私は、納得できました。というのも、3つとも、きちんと実行できていなかったからです。
そこで、私がとった対策の一つは、便秘の解消でした。
私は、以前から、ひどい便秘に悩まされていました。
まず、私は、便秘を解消するために、青汁を飲むことと、野菜を積極的に摂るようにしました。
甘いものや揚げ物などは、できるだけ、食べないように気をつけました。
また、夜寝る前に、青汁を飲むようにしました。
私が飲んだのは、大分県産有機栽培ケール100%の青汁です。
この青汁は、他の青汁とは違って、抹茶のような味と風味で、とても飲みやすかったので、続けることができました。
私は、この青汁をお湯に溶かし、牛乳を加え、そこに適量の蜂蜜を混ぜて、毎日飲みました。
さらに、夜ご飯は、トマト、きゅうり、ほうれん草、キャベツなどの野菜を使った炒め物を食べるようにしました。
「野菜が足りないな」と思ったら、野菜を切って、ピクルス風にして、専用の容器に保存し、常備菜を作ったりもしていました。
そのような対策をし始めてから、8ヶ月が経った頃、それまで、しつこかった顎ニキビが、徐々に薄くなって、消えていきました。
やはり、野菜を積極的に摂るようにしたことが便秘解消を促し、それが顎ニキビを消すという良い結果を招いたのだと思います。
この対策の悪かったことは、しいてあげると、継続が難しい人もいるということかもしれません。毎日、青汁を飲むというのは、味に飽きてきたりするので、結構、難しいです。